2018年11月8日木曜日

VOICE114/理学療法士(北海道・男性)

 2年前に北海道で開催された鍼灸師の学会で吉川院長が披露した「陰陽太極鍼」という実技を見てからぜひ学んでみたい!と思い、今回申し入れをしました。

 自分が陰陽太極鍼を学びたいと思ったのは、刺さない鍼という事で理学療法士の自分でも応用が可能ではないかと考えた事と、何より吉川院長の人柄に惹かれたからです。

 実際に鍼灸院に実習に行きたいという希望を快く受け入れてくれた院長の懐の深さは施術だけではなく実習指導においてもそうで、理学療法士である自分でも理解出来るように分かりやすく教えていただけました。

◎症例1
・症状:長時間座っていると生じる左臀部痛

・アプローチ内容:背部兪穴を確認したところ、右の胃兪に痛みの訴えが強かった。今回の臨床実習で教えて頂いた「臀部の痛みは胃兪を確認すること」という言葉通りの反応が出ていたため、右胃兪の痛みが改善する場所として左側を触診しながら確認し、その部位に「王不留行」を張ると右胃兪の痛みが改善し、左臀部痛にも改善がみられました。

◎症例2
・症状:左腕を腰にまわした際の左上腕外側痛

・アプローチ内容:痛みを訴えている部位が、経絡でいう大腸経であった。今回の臨床実習で学んだ「子午流注」から右の腎経に何か問題があるのではないか?と考え、右の腎経を触診すると「湧泉」というツボに補の反応がみられた。そのため、湧泉に「王不留行」を張り、左腕を腰に回してみてもらうと先ほどまであった左上腕外側痛に改善がみられ、動かせる範囲も拡大しました。

 教えていただいた事を早速臨床で実践していますが、今まで難渋していた患者様が改善されるようになり、あらためて陰陽太極鍼の可能性を実感しております。このように一穴一穴の効果が明確にわかる陰陽太極鍼の理論の確かさを目の当たりにして大変驚き、この治療法をもっと勉強してみたいと思っております。(2018年)